ノエル銀座クリニック中国語サイト
select language
  • HOME
  • 診療内容
  • 料金
  • 医師の紹介
  • よくある質問
  • アクセス

Dr.川島のスキンケアコラム

シミのでき方

2016/08/16

紫外線(UV)のうち、中波長のUVBは表皮の一番下に存在する「メラノサイト」に働きかけ、メラニン色素を産生させます。できたメラニン色素は周囲の表皮細胞に受け渡され、表皮細胞内で分解、角質細胞となって剥がれ落ちていきます。

この過程が正常に働いていればシミはできません。ところが、メラノサイトがUVの影響を強く受け過剰にメラニン色素を産生してしまうと、周囲の表皮細胞は、受けとったメラニン色素を十分に分解できず蓄積が生じてきます。いわゆる日焼けがおさまって肌が黒くなるのがこの状態です。

通常は徐々にさめて色は元に戻りますが、UVの影響が少なくなっても、メラニン色素産生のシグナルが持続してしまう状況が部分的に作られてしまうと、消えないシミになってしまうのです。

太陽光線を浴び続けることによる皮膚障害である「光老化」には、シワ、タルミとともにシミがありますが、光老化全体を予防するためにはUVカットが大切です。

診察のご予約・ご相談はこちら

携帯電話はタップですぐお電話につながります [診察時間]10:00〜19:00 /月曜休診

ノエル銀座クリニック中国語サイト

〒104-0061
東京都中央区銀座2‐5‐14 銀座マロニエビル7F

診療時間:10:00~19:00
月曜休診【完全予約制】

ご予約・ご相談:0120-008-406

日本美容外科医師会認定 適正医療機関
登録番号:2017-1219