ノエル銀座クリニック中国語サイト
select language
  • HOME
  • 診療内容
  • 料金
  • 医師の紹介
  • よくある質問
  • アクセス

Dr.川島のスキンケアコラム

ニキビ

2016/10/05

ニキビは尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)が正式な呼び方で、日本人の90%以上の方が10代~20代で経験する病気です。

赤いニキビや黄色く膿(うみ)を持ったニキビが目立ちますが、実はニキビの始まりは毛穴の出口が角質で詰まることで、毛穴の中に皮脂が溜まり、赤くはないもののぷつっと盛り上がったぶつぶつができます。これを面皰(めんぽう)と呼びます。

この毛穴に溜まった皮脂を食べて増えるのがニキビ菌です。ニキビ菌が好中球という炎症を起こす細胞を呼び集めて、赤いニキビや黄色いニキビを作ります。そして炎症が治まった後にも凹んだり、盛り上がったりする痕(あと)を残すことがあります。

従って、ニキビの治療は、始まりの面皰と赤や黄色のニキビの両方に効く薬が必要です。クリニックには、両方に効果の高い塗り薬がありますので、ニキビを早期に十分治療して、痕を残さないように継続して治療しましょう。

診察のご予約・ご相談はこちら

携帯電話はタップですぐお電話につながります [診察時間]10:00〜19:00 /月曜休診

ノエル銀座クリニック中国語サイト

〒104-0061
東京都中央区銀座2‐5‐14 銀座マロニエビル7F

診療時間:10:00~19:00
月曜休診【完全予約制】

ご予約・ご相談:0120-008-406

日本美容外科医師会認定 適正医療機関
登録番号:2017-1219