ノエル銀座クリニック中国語サイト

select language

下まぶたたるみ取り 下眼瞼脱脂術(結膜側切開)下眼瞼除皺術+脱脂法

*他院の修正の場合やお客様の状態によって料金が上記と異なる場合があります。

加齢とともにどうしても目立ってしまう目の下のたるみや脂肪のふくらみ。もともと下まぶた(涙袋の下)は、脂肪が溜まりやすく加齢により筋肉が衰えることで、たるみやすくなってしまう場所です。

このような目の下のたるみを改善する方法として、ノエル銀座クリニックでは「下眼瞼脱脂術(結膜側切開)」「目の下のたるみ取り」をおすすめしています。
「下眼瞼脱脂術(結膜側切開)」は皮膚の外側を傷つけることなく、結膜の内側から余分な脂肪を除去する方法。目の下のたるみ取りは、目の下を切開し、余分な皮膚と脂肪を除去する方法です。
ご要望や状態に応じて、最適な手術方法をご提案します。

こんな方におすすめです!

下眼瞼脱脂術(結膜側切開)
下まぶたの膨らみが気になる方
くまが目立つ方
メスを入れる手術に抵抗がある方

下眼瞼除皺術+脱脂法
下まぶたのタルミやくまが目立つ方
年齢より老けて見られる方

それぞれの特長とは?

下眼瞼脱脂術(結膜側切開)
メスを使わず目もとスッキリ
下眼瞼脱脂術(結膜側切開)では、下まぶたの裏側からレーザーをあてて脂肪の切除や色素の除去を行います。
下まぶたの結膜側から手術を行うので、皮膚表面に傷あとが残らず術後の腫れもほとんどありません。

目の下のたるみ取り
目の下のたるみを除去して目もとスッキリ
気になる目もとのゆるんだ筋肉を調整し、余分な皮膚を切除。
余分な脂肪も除去し、すっきりとした目もとに仕上げます。目もとのリフトアップ効果もあります。

メリットは?

下眼瞼脱脂術(結膜側切開)
すっきりとした目元で若々しい印象に。
皮膚表面に傷がつきません。
抜糸の必要がありません。

下眼瞼除皺術+脱脂法
下まぶたの皮膚に張りを取り戻します。
人によっては10~15歳の若返り効果があります。

下眼瞼脱脂術(結膜側切開)、下眼瞼除皺術+脱脂法の手術法

下眼瞼脱脂術(結膜側切開)
下まぶたの脂肪のふくらみをまぶたの内側を約3ミリ切開し、余分な脂肪を取り除きます。このとき脂肪の切除や止血のためにレーザーを使用します。

下眼瞼除皺術+脱脂法
下まつげの生え際の2~3ミリ下を切開し、緩んだ筋肉を引き上げ、余分な皮膚を除去します。下まぶたのふくらみが気になる場合は併せて脂肪の除去も可能です。

Doctor's Voice
塩尻先生
涙袋の下にできるふくらみは眼窩脂肪と呼ばれるもので、残念ながらダイエットしても取れません。
脂肪のふくらみによりくまが目立つ方や、メスを使わず目元をすっきりさせたい方には下眼瞼脱脂術(結膜側切開)がおすすめです。
下まぶたがたるんでくまが目立つ方や影をつくっている方、年齢より老けて見られる方には、下眼瞼除皺術+脱脂法がおすすめです。
無料カウンセリング予約 無料オンライン相談 モニター募集
ページtopへ

診療内容メニュー

ノエルのおすすめスキンケア recopro facecare IMPROVE