ノエル銀座クリニック中国語サイト

select language

  • トップ > 
  • 診療内容のご紹介 ノエル式フェイスリフト

ノエル式フェイスリフト

  • 基本情報
  • 料金
  • 症例・体験談
  • 施術の流れ
  • よくある質問
  • 関連情報

施術の特長

フェイスリフトは、鼻を高くする、一重を二重にするといった美容形成手術とは違い、若返り/アンチエイジングのための手術です。「タルミを引き上げて、若いころのお顔立ちに戻る手術」ともいえます。 本ページでは、当院のフェイスリフト技術や方法・考え方についてわかりやすく説明いたします。

ノエル銀座クリニックは「医療と美容のコラボレート」のもと、お客様ひとりひとりのニーズに合った最高の状態をEBM (Evidence Based Medicine) に基づき、最新・最適な美容医療メニューとパーソルサービスを提供しております。

たるみを引き上げて若返り!

たるみ症例1

<たるみの発生原因>

1.加齢  2.紫外線によるコラーゲンの減少  3.筋肉の衰え

タルミは、加齢や紫外線によるコラーゲンなどの減少・変性により皮膚の弾力や張力が失われることに加え、筋肉の減少や張力の低下によって、重力により皮膚や筋肉が下にさがることで生じます。

モデルさんや女優など、どんなにきれいな人でも加齢とともにタルミがでてきます。頬にあった筋肉、皮膚が下に移動するため頬がくぼんで、その下が逆に膨らみ、一般的にたるむと顔の輪郭が四角くなります。

フェイスリフトは皮膚だけでなく、たるんだ筋膜・筋肉も引き上げて元の位置にもどすため、若い頃と同じ輪郭に戻ります。

フェイスリフトの適応年齢

フェイスリフトに年齢制限はありませんが、40歳前後の方が最も多く、入念に調べた結果、当院に来て下さる方ばかりです。この年代は、タルミが気になりだす頃です。タルミが初期のこの頃に手術をすると劇的な変化がないため、周囲の人からは「痩せてキレイになったの?」としか言われないような、気付かれにくいメリットがあります。40歳からの10年が、30代のハリや衰えと違い、お顔のタルミに差が出てくる時期です。

しかし最大のメリットは、術後10年以上たっても元の状態に戻ることはなく、若い顔立ちを維持できることです。今より老けていくことと、今より若くなるのでは大違いです。
また一生に一度しか受けられないものではありません。10年、15年経って、また加齢によるタルミが気になれば、何度でも手術が受けられます。40歳前半で受けた方が、60歳前後で再び受けるケースも珍しくありません。

そうした複数回のフェイスリフト施術も、ノエルの技術なら傷の心配がなく、安心してお受け頂けます。

ページtopへ

研究技術・術式の詳細

オペ痕知らず!ノエル・カッティングライン

ノエル・フェイスリフトにおける大きなポイントの一つが、 「いかにオペ痕を残さず、美しく仕上げるか」です。
そこに大きな役割を果たして来たのが、独自の技法「ノエル・カッティングライン」です。

耳の輪郭・軟骨に沿わせ、目立たない耳内側部分の縁を繊細な技術で丁寧に切開し、縫合していきます。これでオペ痕が分かりません。
この技法には高度でデリケートなテクニックと手間を要し、まさにノエルの腕のみせどころです。

ノエル・カッティングライン

結果にこだわった手術方法

ノエルではフェイスリフトはこめかみ、ネックのリフトアップを合わせて行うことを推奨しています。
特に首まわりまでしっかり皮膚の剥離して、筋膜・筋肉から引き上げを行わないと本来の顔全体の若返り効果が得られないためです。

以下にノエルの手技による手術方法を段階的にご紹介いたします。

STEP1
皮下の剥離は皮下脂肪の中間層で均一に行います。皮下剥離の際、頬骨と下顎部に多数存在する靭帯(リガメント)をSMAS(※)上で切断します。リガメントを切断することで、法令線、マリオネットラインまでの引きあがりが可能になります。下顎のラインの下は下顎三角部を充分に剥離しそのあとあご下の脂肪吸引を行います。
このように、アゴ下から首にかけて脂肪吸引し、スッキリ仕上げられるのは30年以上、4000症例を重ねたノエル独自の技術です。

※ SMAS:superficial musculoaponeurotic system/表在性筋膜

STEP2
続いて、SMAS層のつり上げ固定を行い、その後SMAS上を頬骨から広頸筋にかけて広範囲にアンカー固定していきます。この過程で頬から首まわりまでの筋膜層を全体でリフトアップできます。
STEP3
SMASの固定が終わったあとに、当院オリジナルのNEO+FGFを皮膚の裏側と筋膜上に直視下で均等に散布します。
STEP4
皮膚の引き上げるポイントにアンカーの仮止めを行いリフトアップの状態を確認した後、皮膚をSMAS上に固定します。
STEP5
リフトアップした後、ノエル・カッティングラインに沿って余った皮膚を少しずつ丁寧に切除し、縫合していきます。ここが、31年4,000件以上の実績から生まれたノエル独自の切除縫合の見せどころです。ヨレ・ひきつれが無く、フワッと自然に仕上げます。

以上の手技を行うことで、
・皮膚のみならず、内側の筋膜・筋肉からも確実にしっかりと、広範囲にリフトアップ
・ひきつれ、ヨレがなく、こわばらない
・キズ痕がわからない美しい仕上がり
を実現させます。

フェイスリフト組合せ施術と効果

フェイスリフト手術は、「こめかみリフト」、「ホホのリフト」、「クビのリフト」、「クビの脂肪吸引」の手術を患者さまの状態や希望にそって、組み合わせて施術します。

【こめかみリフト】

ホホ上部から目尻にかけてのタルミを改善します。指で引っ張ったような釣り目になったり、二重の幅が変わることはありません。ふんわり自然に目元に張りが出ます。

手順
※ノエルでは、
31年4,000件以上の実績から編み出した独自の縫合で、脱毛を起こしません。
・傷は毛髪のなかに隠れて目立たないです。
・毛根を傷付けたり、縫合の仕方が悪いと「脱毛症」の原因となりますが、当院の手術法では「脱毛症」を起こすことはありません。

【頬のリフト・ネックリフト・首の脂肪吸引】

頬から首のタルミを改善します。ホホとクビのリフトは同時に行う事でそれぞれの効果が最大限に発揮されるため、ほとんどの場合で組み合わせて行います。
クビの皮下脂肪が多い方は脂肪吸引を組み合わせることでクビのリフトの効果が上がります。
デリケートな首の剥離・脂肪吸引をひきつれや、よれなくリフトアップができるのは、30年以上、4000症例を重ねたノエルの技術だからこそです。

手順
(1)耳の前と後ろで、耳の輪郭に沿って切開します。クビのリフトの場合は耳の後ろの毛髪の生え際まで延長します。
(2)ホホからクビにかけて皮膚を剥離します。ここが、ノエル独自の手技です。
(3)SMASと呼ばれる表在性筋膜の縫縮を行うことで、筋肉を引き上げます。ひきつれやヨレがないように皮膚を面で引き揚げ、あまった皮膚を切除し縫合します。

ノエルのフェイスリフトは、ひきつれやヨレがおきることなく、ふわっと自然に仕上げます。 それが、長年追求してきた結果なのです。

細密に診断・把握
カウンセリング&アフターケア

美しい引き上がり・長い持続効果・ダウンタイム中の傷や腫れが最小限、そして安全な「最良のフェイスリフト」を実現するため、カウンセリングとアフターケアをしっかりと行います。

【事前のカウンセリング】

確かな技術と豊富な経験を持つドクターが、一人ひとりの状態を細やかに把握します。
同時に、患者様にはしっかりご納得頂いてから手術に臨まれるようにいたしております。

・ご希望をヒアリング
・骨格診断
・最適な切開範囲や部位の選択
・ご希望を叶える最適な方法ご提案
・手術や麻酔に関する詳しい説明(メリット、デメリット)
・術前検査(問診、血液検査、レントゲン、心電図)

【アフターケア】

術後のきめ細やかなケアは、安全で美しい仕上がりに欠かせません。

・2日後の経過処置
・7日後の抜糸
・1ヶ月後の状態チェック
・3ヶ月後の状態チェック
・半年後の状態チェック

4,000件の実績が生んだ研究技術

圧倒的なフェイスリフト症例実績に磨かれた研究技術で、他にはない仕上がりと付加効果を実現します。

【執刀技術~数ミリのズレも出さない「職人技」~】

執刀技術 ~数ミリのズレも出さない「職人技」~

「フェイスリフトにいちばん大切なのは、皮膚をカットする量と引っ張り具合」と、当院では執刀技術に重きを置いています。カットし過ぎると無表情に見えたり、突っ張った感じになり、引っ張り具合が足りないとリフト効果が出ません。

耳の形に沿ってカットしていき、ひとり一人の皮膚の伸びや弾力まで計算し、数ミリのズレもなく引き上げ、最後は何層にも中縫いをし、細かく丁寧に縫合。
これがノエルの執刀技術、フェイスリフトの職人技です。

こうして、ヨレ・ひきつれのない自然で理想的なフェイスラインを引き出し、術後・ダウンタイム中の腫れや傷痕は最小限に抑えられます。

【ノエルオリジナル付加技術~フェイスリフトに付加効果を~】

付加技術~フェイスリフトに付加効果を~

当院では、フェイスリフト手術中の「皮膚剥離」をチャンス活用すべく研究、皮膚裏側からの散布による「W-PRP療法(最先端のアンチエイジング療法)」の付加技術を実現させました。

肌再生力による「肌の若返り」「治癒力アップ」など、通常のフェイスリフトにはない効果を付加します。同時に、皮膚外部で行うW-PRP療法よりも圧倒的に高い効果を与えます。

◆フェイスリフトNeo

ホホの皮膚の下にW-PRPを散布、傷の治癒・皮膚の再生・若返りを促し、細かいしわや肌の張りを改善します。術後のダウンタイム軽減効果(内出血・腫れを少なくし、回復を早める)もあります。

◆フェイスリフトNeo+FGF

フェイスリフトNeoの手術法に加え、FGF(繊維芽細胞増殖因子)を投与します。肌細胞をさらに活性化させ、若返り効果を増幅させる治療法です。肌細胞そのものが若返るため、リフトアップ効果が際立ち、ダウンタイムも大幅に軽減されます。

ページtopへ

施術に関すること

施術時間 5~6時間
術後の通院 2日後の経過処置
7日後の抜糸
1ヶ月後、3ヶ月後、半年後の状態チェック
ダウンタイム 7日間
メイク 1週間後から可能

ページtopへ

ドクターズ ボイス

難易度の高いフェイスリフト。海外セレブご用達は、効果の証し。

フェイスリフトは、美容外科手術の中でも最も難易度の高い手術と言われています。
そうした中、4,000件以上の実績を持つノエル式フェイスリフトは、有難いことに「国内最高峰」と評され、
国内外のセレブご用達にも数多くあずかってきました。
このことは、美しく自然な引き上がりだけでなく回復が早いために「仕事(女優業など)に支障がない」、
効果が継続する、という実際的な効果の証しだと感じています。

「見た目年齢」が尊ばれる今、「見た目の若さ」はさらに価値が高くなっています。
価値ある技術、実績あるクリニックを見極めた上で「若さ」を手に入れて欲しいですね。
まずは論より証拠、当院のオペ症例や僕自身のフェイスリフト症例をご覧下さい。

ページtopへ

チェックポイント~検討されている方へ~

フェイスリフトは美容外科手術の中でも最も難易度の高い手術の一つといえます。ただ「タルミやシワをとる」のではなく、見た目にも感触的にも自然なフェイスラインになるように、一人一人の状態を正確に診断し最適な手術を行うことが大切です。

◆手術時間について

ホホからクビにかけて皮膚をきちんとした範囲まで剥離し、筋肉を引っ張り、細かく丁寧に縫合すると2~3時間では終わりません。ホホ、クビのリフトの場合、何層にも中縫いをし、細かく丁寧に縫合するため、片側の縫合だけでも1時間以上はかかります。総手術時間はどうしても5~6時間はかかります。

◆「糸のリフト」はどうなのか?

「糸によるリフト」はタルミを引き上げても余剰皮膚を切除しないため、部位によっては逆にたるみが増えたり、つれたりへこんだりする場合があります。また、筋膜・筋肉からタルミを引き上げるわけではないので、ノエル式フェイスリフトよりも持続期間は短いです。何本も糸を埋めた後、結局は当院でフェイスリフトをお受けになる方が非常に多いです。

◆「金の糸」とは?

「金の糸美容術」は純金の細い糸を真皮や皮下に挿入するものです。金の糸が皮膚に挿入されると皮膚の細胞が活性化しコラーゲンを増成します。そのため皮膚に張りが出て引き締まり、しわが改善したりタルミが予防できたりします。しかし、リフトアップ効果はないので、リフトアップ効果はないので、ノエル式フェイスリフトのようにタルミをじかに引き上げる効果はほとんどありません。

フェイスリフトを検討されている方へ

以下のチェックポイントをしっかりと確認し、ご自身の中できちんとご納得いただいたクリニックで受けられることをおすすめいたします。

【1】 手術前のカウンセリングは執刀医とカウンセラーがしっかりと親身に時間をかけて行っているか?
【2】 執刀医の経歴(症例数および豊富な知識があるか?)
【3】 手術や麻酔に関する詳しい説明(メリット、デメリット)がきちんとされているか?
【4】 手術後の検診(アフターフォロー)がしっかり行っているか?
【5】 術前検査(問診、血液検査、レントゲン、心電図など)はきちんと行われているか?
【6】 手術時間は適正か?

ページtopへ

無料メール相談

無料カウンセリング予約

モニター募集

お電話でも受け付けております。0120-008-406

  • 基本情報
  • 料金
  • 症例・体験談
  • 施術の流れ
  • よくある質問
  • 関連情報
ページtopへ

診療内容メニュー

ノエルのおすすめスキンケア recopro facecare IMPROVE