ノエル銀座クリニック中国語サイト

select language

  • トップ > 
  • ノエル銀座クリニック顧問 川島教授が教える スキンケアコラム

スキンケアコラム

スギ花粉皮膚炎について

2017/02/10

スギ花粉皮膚炎について

スギ花粉症の季節になりました。

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目の痒みなどの症状に悩まされる日本人は2500万人に上ります。 スギ花粉は2月から4月に飛びますが、その後半から5月にかけてヒノキ花粉も飛び、スギ花粉アレルギーの方の多くはヒノキ花粉アレルギーもありますので、4カ月近くつらい毎日が続くことになります。

さて、皮膚には何の影響もないのでしょうか?

実はあまり知られていないのですが、「スギ花粉皮膚炎」も存在します。

額、まぶた、頬、首などの花粉の接触が起こる場所に、指先くらいの大きさの丸い赤みが生じて、「痒みが強いため掻いてしまってなかなか治らない」と言って来られる患者さんがおられます。花粉が原因とは気づいておられません。

またスギ花粉症の目や鼻の症状がない方でも起こります。炎症を治める治療をしっかり行うとともに、花粉が直接触れないようにするためにも、お化粧は禁止ではなく、むしろちゃんと行ってもらったほうが良いでしょう。

ニキビのお薬

2017/01/10

ニキビのお薬

以前もお伝えしましたが、ニキビは毛穴の出口が角質で詰まってしまう、面ぽう(コメド)から始まります。(白ニキビ、黒ニキビと呼ばれるものです。)

この面ぽうに効果のある薬がアダパレンと過酸化ベンゾイルです。炎症を起こして赤いブツブツや膿を持った黄色いブツブツを「炎症性皮疹」と言いますが、これに対しては抗生物質入りの外用剤や過酸化ベンゾイルが効果的です。

これは、顔の表情を作るときにできるシワです。例えば、怒った時の眉間のシワ、笑った時の目尻のシワ、驚いて目を見開いた時の額のシワなどがそれです。

ただし、抗生物質の長期使用は、抗生物質の効かない耐性菌を生み出してしまう危険性があるため、3カ月を連続使用の一つの目処にすることが世界の共通認識になってきました。過酸化ベンゾイルの長期使用は問題ありません。

ニキビはある年齢までは、繰り返しできますので、自分で勝手に治療していては、取り返しのつかない痕が残ってしまうこともあります。

ようやく出揃ったお薬を上手に使い分けながら、クリニックで適切な治療を受けることをおすすめします。

表情ジワ

2016/12/05

表情ジワ

シワには幾つかのタイプがあります。

一番浅くて細かい小シワは、皮膚の乾燥によって起こります。中ジワから大ジワは、紫外線の影響が強いシワです。もう一つのシワがあり、表情ジワと呼ばれます。

これは、顔の表情を作るときにできるシワです。例えば、怒った時の眉間のシワ、笑った時の目尻のシワ、驚いて目を見開いた時の額のシワなどがそれです。

これらのシワは全て顔面の「表情筋」という筋肉が収縮して出来るシワのため、何度も表情ジワを作っているとシワが固定され、表情を作ることなく、いつもシワができていることになってしまいます。

このシワを改善できるのが、ボトックス注射です。ボトックスは神経からの収縮シグナルが、筋肉に伝わらないようにする薬です。

眉をひそめても眉間にシワを作らず、笑っても目尻にシワが作れないようにする訳です。

簡単で効果的なシワ治療ですが、場合によっては無表情に見えてしまうこともありますので、治療を行うクリニック選びには注意が必要です。

乾燥肌のケア

2016/11/15

乾燥肌のケア

肌の乾燥が気になる季節になりました。乾燥肌の起こりかたについては、以前に述べましたが、これから3月ころまでは、十分な保湿ケアが必要です。

保湿ケアには、いろいろな塗り薬や化粧品が使われますが、少しずつその役割が違います。 ここで代表的なものの役割を簡単にご説明します。

ワセリンは、それ自体には水分保持能力はないのですが、皮膚の表面に膜を作って水分の蒸発を防いでくれます。

尿素やアミノ酸は天然保湿因子であり、それ自身が水分を抱え込む能力があります。

医薬品として最も使われている、ヘパリン類似物質も同様の働きを持っています。

角質細胞間脂質の一つであるセラミドも最近しばしば化粧品に含まれるようになり、角層の細胞間に脂質の層を形成して、水分保持とバリア機能の向上に役立つことが期待されています。

乾燥肌をケアしていないと、徐々に皮脂欠乏性湿疹に進行し、皮膚科医のもとでの治療が必要になります。お風呂上がりはもちろん朝のケアもしっかり行ってください。

ニキビ

2016/10/05

ニキビ

ニキビは尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)が正式な呼び方で、日本人の90%以上の方が10代~20代で経験する病気です。

赤いニキビや黄色く膿(うみ)を持ったニキビが目立ちますが、実はニキビの始まりは毛穴の出口が角質で詰まることで、毛穴の中に皮脂が溜まり、赤くはないもののぷつっと盛り上がったぶつぶつができます。これを面皰(めんぽう)と呼びます。

この毛穴に溜まった皮脂を食べて増えるのがニキビ菌です。ニキビ菌が好中球という炎症を起こす細胞を呼び集めて、赤いニキビや黄色いニキビを作ります。そして炎症が治まった後にも凹んだり、盛り上がったりする痕(あと)を残すことがあります。

従って、ニキビの治療は、始まりの面皰と赤や黄色のニキビの両方に効く薬が必要です。クリニックには、両方に効果の高い塗り薬がありますので、ニキビを早期に十分治療して、痕を残さないように継続して治療しましょう。

糖化

2016/09/20

シミのでき方

糖化とは、体内で糖とタンパク質が化学反応を起こして糖化最終生成物(AGEs:advanced glycation products)が作られる反応を言います。

ホットケーキや卵焼きを作るとき、火を通しすぎると褐色にこげた色がつきます。これをメイラード反応と呼びますが、これも糖化反応なのです。

この糖化反応が老化を促進させると言われており、血管では動脈硬化、骨なら骨粗しょう症、さらに肌ではシワ、たるみ、くすみの原因になるとされています。

白いお米が黒くなる「おこげ」を頭に浮かべると、肌の糖化という現象が理解しやすいかもしれません。糖は生命維持に必要不可欠ですから、糖化はゼロにはできません。しかし血糖値の急激な上昇をくり返すことで、糖化が進みやすいと言われていますので、暴飲暴食を避けることが大切です。

食生活に気をつけて、肌もカラダもこげないように(糖化しないように)しましょう。

シミのでき方

2016/08/16

シミのでき方

紫外線(UV)のうち、中波長のUVBは表皮の一番下に存在する「メラノサイト」に働きかけ、メラニン色素を産生させます。できたメラニン色素は周囲の表皮細胞に受け渡され、表皮細胞内で分解、角質細胞となって剥がれ落ちていきます。

この過程が正常に働いていればシミはできません。ところが、メラノサイトがUVの影響を強く受け過剰にメラニン色素を産生してしまうと、周囲の表皮細胞は、受けとったメラニン色素を十分に分解できず蓄積が生じてきます。いわゆる日焼けがおさまって肌が黒くなるのがこの状態です。

通常は徐々にさめて色は元に戻りますが、UVの影響が少なくなっても、メラニン色素産生のシグナルが持続してしまう状況が部分的に作られてしまうと、消えないシミになってしまうのです。

太陽光線を浴び続けることによる皮膚障害である「光老化」には、シワ、タルミとともにシミがありますが、光老化全体を予防するためにはUVカットが大切です。

ビタミンC

2016/07/25

ビタミンC

飲んでも塗っても美容に良いと人気が高いのがビタミンC(L-アスコルビン酸)です。
ビタミンCは細胞を酸化から守る、いわゆる「抗酸化剤」として多用されています。

またビタミンCには他にも様々な作用が知られており、メラノサイトでのメラニン産生を抑えることによりシミ、くすみの改善が見られたり、ウイルスを抑えるインターフェロンの産生にも働くとされ、カゼをひいた時に好んで飲まれたりします。
さらにはアルコールの分解を助けたり、ストレスに対抗するホルモンの分泌を促したりすることも知られています。

ただしビタミンCは、体内では作ることはできず、外から取り入れる必要があります。またビタミンCは安定性が悪く、吸収も低いという問題点もあります。そのため、ビタミンC誘導体がいくつも合成され、肌からも吸収性が高いものも登場しています。
アンチエイジングにビタミンCを十分に活用しましょう。

汗の話し

2016/07/11

汗の話し

汗は汗腺という皮膚の真皮の部分に存在する組織で作られ、皮膚表面に排出されます。汗腺には「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」の2つがあり、「エクリン汗腺」と多汗症、そしてボトックス治療については前回お話ししました。

「アポクリン汗腺」は腋窩(わき)、耳道、陰部など特定の部位のみに分布しており、性ホルモンによる調節のもとに、水分とともに脂質、タンパク質などを含む汗を作り、毛穴を通して皮膚表面に排出しています。そのため、思春期以降に活動性が高まってきます。

「アポクリン汗腺」で作られる汗は、もともとは無臭ですが、毛穴に常在している細菌により、汗に含まれている脂質やタンパク質が分解されることにより、揮発性脂肪酸であるメチルへキセン酸や異臭性ステロイドのアンドロスタジエノンなどの臭気を発する物質が作られ、いわゆる、わきが(腋臭症)や加齢臭のもととなります。
わきが予防のために細菌の繁殖を抑えるように腋窩(わき)は清潔に保ちましょう。

汗っかき

2016/06/10

汗っかき

汗はほぼ全身の皮膚に分布している「エクリン汗腺」と決まった場所(耳、ワキ、陰部など)にしかみられない「アポクリン汗腺」で作られ、皮膚の表面に出されます。
顔に噴き出す汗、わきの汗じみ、緊張して手に汗握る、などは「エクリン汗腺」からの汗が主体です。エクリン汗腺は全身に約300万個あるとされ、1日に700~900mlの汗を出して、体温調節を行っています。

汗を出す指令は交感神経からアセチルコリンが出されて、汗腺の細胞に伝えられ汗が作られます。ボツリヌストキシン(ボトックス)を手のひらやワキに注射すると、このアセチルコリンの放出を止めることができます。それにより、6~8ヵ月位は汗が出ない状態を維持でき、快適に過ごすことができますので、わきの汗じみが気になる方にはお奨めです。副作用は特にありません。

「アポクリン汗腺」の汗はもともと無臭ですが、汗の成分として含まれているタンパクや脂が皮膚表面の常在細菌により分解されて、臭い(ワキガなど)を生じることがあります。それについては別の機会に詳しく述べます。

SPF、PAとは?

2016/05/23

SPF、PA

前回、普段からの光対策が大切であることをお話ししました。その中で、サンスクリーン剤の効果を表す値として、SPFとPAを紹介しました。
ただし、その意味となると十分に理解しておられる方は大変少ないことが分かっていますので、今回はその説明をします。

SPFとは、「サン プロテクション ファクター」のことで、紫外線の中でUVBに対する防御能力を表しています。例えば、SPF30とは『塗らない場合は20分で赤く日焼けするのを、30倍に延ばすことができる』つまり‘ 20分×30の600分まで大丈夫’ということになります。

PAは「プロテクション グレード オブ UVA」のことで、紫外線のUVAよる害を防ぐ能力を表しています。その防御能力により、1+から4+までグレードがあります。SPFには50+まであります。

ただし、これらの防御能力はかなり厚塗りをした状態での測定値ですので、通常の塗り方なら、数値の半分くらいの能力と思ってください。
肌の「光老化」は、SPF15、PA1+のサンスクリーン剤を日常的に継続して使用することで防ぐことができますので、普段はSPF30、PA2+くらいの製品を使用していただくのがよろしいでしょう 。

「光老化」って、ご存知ですか?

2016/05/09

保湿

「ひかり」老化と呼びます。地球上に降り注ぐ太陽光線には、紫外線、可視光線、赤外線があります。
これらの光線は、我々にとってプラスの働きはもちろん大きいのですが、無防備に浴びていると、害を及ぼすことがあります。

例えば、紫外線には中波長紫外線であるUVBと長波長紫外線のUVAがありますが、UVBは皮膚の浅いところにある「表皮」に達し、赤くなったり水ぶくれを作る日焼けの原因になると共にメラニンを過剰に作らせ、シミの原因にもなります。もっと過剰にUVBにあたると皮膚がんにもつながります。

UVAはさらに深い「真皮」まで侵入し、コラーゲンや弾性繊維を壊してシワやたるみの原因になります。さらに、赤外線の一部である近赤外線は皮膚のもっと奥まで入り込み、たるみの原因になることも分かってきました。
加齢に伴う自然な老化とは異なったこれらの老化現象を、肌の「光老化」と呼びます。
これからの季節は、太陽光線が大量に降り注ぐ時期になります。5月には真夏並みの紫外線量になりますので、野外ではもちろんですが、室内に居ても光は浴びますから、普段からの光対策は必要です。

最も簡単で大切な対策は、日焼け止め、サンスクリーン剤の使用です。普段の使用には、SPFという値が30程度、PAが2+程度の製品で十分です。美肌のためには、一年中、光対策に心がけることが大切です。

肌の乾燥はなぜ起こる?

2016/05/02

保湿

秋が深まる頃から春先までは、肌の乾燥が気になります。今回はなぜ肌が乾燥するかをお話しします。
肌の乾燥の度合いは、肌の表面の角質層の水分量で決まります。角質層の表面には、毛穴から出てくる皮脂と水分が混ざった皮脂膜が作られます。

また角質層のなかには、アミノ酸などの天然保湿因子と呼ばれる、水の分子を抱えることのできる成分があります。角質層の細胞の間は、セラミドが半分を占める角質細胞間脂質と呼ばれる脂で埋められており、それが水分を蓄えています。加齢に伴い、皮脂の分泌が減少し、天然保湿因子、角質細胞間脂質も産生が落ちてくることが分かっています。

そのため、早い人では30代前半から、生活環境の湿度が下がり、あまり汗をかかない状況になると角質層の水分量が減少してしまい、カサカサした乾燥肌になってしまいます。
最近は夏場でもエアコンの効いた室内では低湿度であり、肌の乾燥が起きてもおかしくない状況にあります。冬場はもちろん、夏場でもお風呂上がりの保湿クリームは必要です。

川島 眞

川島 眞

  • 東京女子医科大学皮膚科教授
  • 日本皮膚科学会代議員
  • 日本美容皮膚科学会理事長
  • 日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会理事
  • 日本香粧品学会理事長

【経歴】

昭和53年
東京大学医学部医学科卒業
昭和59年~61年
パリ市パスツール研究所 乳頭腫ウイルス部留学
昭和61年
東京大学皮膚科講師
昭和62年
東京女子医科大学皮膚科講師
昭和63年
東京女子医科大学皮膚科助教授
平成4年
東京女子医科大学皮膚科教授

ページtopへ