ノエル銀座クリニック中国語サイト
select language
  • HOME
  • 診療内容
  • 料金
  • 医師の紹介
  • よくある質問
  • アクセス

Dr.川島のスキンケアコラム

コチニール色素によるアレルギー

2017/12/26

コチニール色素と言われても良くわからない方が多いかと思いますが、サボテン科の植物に寄生するカイガラムシ科エンジムシの雌の乾燥させた虫体から取られる赤色の天然色素です。

実はこの色素は、ジャム、ハム、ソーセージ、炭酸飲料水、漬け物、キャンディー、口紅、頬紅などに使用されており、このコチニール色素による蕁麻疹、血圧低下、ショックなどのアレルギー反応が起こる可能性があることが知られています。

コチニール色素の主成分であるカルミン酸自体が原因なのか、不純物として含まれる虫体遺残タンパクが問題なのかはまだ分かっていませんが、なぜか日本人にみられることが多いので注意が必要なのです。

原因となる食品としては、赤い色をしたマカロン、カンパリオレンジ、ブラッドオレンジジュース、魚肉ソーセージなどがあります。赤い色をした食品などには注意してください。

診察のご予約・ご相談はこちら

携帯電話はタップですぐお電話につながります [診察時間]10:00〜19:00 /月曜休診

ノエル銀座クリニック中国語サイト

〒104-0061
東京都中央区銀座2‐5‐14 銀座マロニエビル7F

診療時間:10:00~19:00
月曜休診【完全予約制】

ご予約・ご相談:0120-008-406

日本美容外科医師会認定 適正医療機関
登録番号:2017-1219