ノエル銀座クリニック中国語サイト
select language
  • HOME
  • 診療内容
  • 料金
  • 医師の紹介
  • よくある質問
  • アクセス

Dr.川島のスキンケアコラム

太陽はビタミンD生成に必要なもの

2018/03/06

紫外線、もっと広く言うと、太陽光線が光老化の原因となり、シミ、シワ、タルミそして皮膚がんをもたらすことはこれまでもお話ししてきました。

しかし、紫外線を100%カットした生活(実際上はできませんが)は逆に体にとって害になります。骨の発育にはビタミンDなかでもビタミンD3の体内生成が必要ですが、そのためにはUVB領域の紫外線を浴びる必要があります。

日本の紫外線量を考えると通常の生活を送る限りにおいては、意識して肌を太陽光線にさらす必要はありません。夏に東京都心で雲が少しあるような晴れの日のお昼頃に顔と両腕を3分間程度露出すれば、十分なビタミンD3の体内生成が得られるとされています。

この程度で十分なのですが、光老化をどうしても避けたいために全身にサンスクリーン剤を塗る方には、ビタミンDのサプリメントの利用もお奨めです。ビタミンD不足にならないように光老化対策を行いましょう。

診察のご予約・ご相談はこちら

携帯電話はタップですぐお電話につながります [診察時間]10:00〜19:00 /月曜休診

ノエル銀座クリニック中国語サイト

〒104-0061
東京都中央区銀座2‐5‐14 銀座マロニエビル7F

診療時間:10:00~19:00
月曜休診【完全予約制】

ご予約・ご相談:0120-008-406

日本美容外科医師会認定 適正医療機関
登録番号:2017-1219