ノエル銀座クリニック中国語サイト
select language
  • HOME
  • 診療内容
  • 料金
  • 医師の紹介
  • よくある質問
  • アクセス

Dr.川島のスキンケアコラム

皮膚の常在菌は必要なもの

2017/11/28

消毒

備わっている免疫機能が過剰に働いてしまうと、アレルギー反応を起こしてしまい、身体にとって有害な現象が生じてしまうことがあります。その反応を抑えてくれるものが、血液中を流れる制御性T細胞です。この細胞の発見者は日本人ですが、ここ数年ノーベル医学賞の有力な候補者に挙げられています。

この制御性T細胞の働きを調整しているのが腸内細菌であり、乳酸菌の中には制御性T細胞の働きを高めてアレルギーを鎮めてくれる働きを持っているものが多く存在します。そして乳酸菌食品を継続することにより、アレルギー症状が軽くなることがあるのです。

また、皮膚にも表皮ブドウ球菌を始めとし、数種類の細菌が皮膚常在菌として存在しています。そしてこの常在菌が腸内細菌と同じような働きで、アレルギー反応を抑える働きを持っているのではないかという研究が注目されています。近年、抗菌グッズが大流行していますが、完全無菌状態を目指すのではなく、皮膚常在菌とはある程度共存することが大切なのです。

診察のご予約・ご相談はこちら

携帯電話はタップですぐお電話につながります [診察時間]10:00〜19:00 /月曜休診

ノエル銀座クリニック中国語サイト

〒104-0061
東京都中央区銀座2‐5‐14 銀座マロニエビル7F

診療時間:10:00~19:00
月曜休診【完全予約制】

ご予約・ご相談:0120-008-406

日本美容外科医師会認定 適正医療機関
登録番号:2017-1219