ノエル銀座クリニック中国語サイト
select language
  • HOME
  • 診療内容
  • 料金
  • 医師の紹介
  • よくある質問
  • アクセス

上まぶたたるみ取り法

上まぶたたるみ取りとは?

加齢に伴い、上まぶたの皮膚が緩んでくると、中央より外側のまぶたが被さり、目尻が下がって、いわゆる「たれ目」の状態になります。その緩んだ皮膚を調整することによって、若々しくぱっちりとした目元を形成する施術です。当院では、メスを使用しない埋没法と、余分な皮膚を取り除く切開法がございます。

目症例
目症例

<施術の内容>
◆埋没法
二重の手術に用いられる方法と同じく、医療用の髪の毛よりも細い糸でまぶたを3箇所以上留め、切らずにたるんだ皮膚を持ち上げます。体への負担が少なく、費用も抑えられます。施術時間は10分程度です。料金は¥200,000となります。

*他院の修正の場合やお客様の状態によって料金が上記と異なる場合があります。

<考えられるリスク・副作用>
術後に、むくみ・腫れ・痛み・内出血・目の充血・かすみ目・感染など生じることがあります。

上まぶたたるみ取りはこんな方にオススメ

  • 上まぶたの皮膚のタルミが気になる方
  • ボトックスやヒアルロン酸で効果が得られない方

上まぶたたるみ取りの特長とは?

埋没法

切らずに上まぶたのたるみを改善

たるみを切開するクリニックが多い中、当院の埋没法は、切らずにたるんだ皮膚を持ち上げます。体への負担が少なく、費用も抑えられます。

切開法

より効果の高い切開法も傷あとの心配はなし

たるみが進んだ目元には、切開法が適しています。二重のラインに沿って切開し、余分な皮膚を取り除くため、傷あとはほとんど残りません。

上まぶたたるみ取り法のメリットは?

埋没法なら、傷あとがほとんど残りません。
埋没法はタルミが進んだ20年後に、再度持ち上げることが可能です。
切開法でも傷あとが残りにくく、目立ちません。
まぶたの皮膚に張りが出て、パッチリした目元に。

上まぶたたるみ取り 施術内容

埋没法

二重の手術に用いられる方法と同じく、医療用の髪の毛よりも細い糸でまぶたを3箇所以上留め、たるんだ皮膚を持ち上げます。

切開法

ゆるんだ筋肉を調整し、余分な皮膚を取り除きます。二重のラインに沿って切開しますので、傷あとはほとんど目立たなくなります。

上まぶたたるみ取り法の手術法

上まぶたたるみ取り法の施術に関する注意事項

上まぶたたるみ取りの施術は、術後に腫れ・内出血が生じることがありますが、1週間ほどで改善します。 傷は赤みが2~3ヶ月程ありますが、通常半年ほどで改善します。 たるみの切除量には限度があるため、しわは完全には消えません。 また、術後加齢とともに、皮膚のたるみやしわ・脂肪が変化することがあります。

施術の流れ

01 予診

事前にカウンセラーによる問診を行います。

02 ドクター診察

担当医師による診察とシミュレーションを行います。

03 デザイン

たるんだ上まぶたの引き上げ量、仕上がりの形をデザインします。

04 麻酔

局所麻酔を行います。痛みに弱い方など、ご希望がございましたら無痛麻酔もご用意しております。(別途費用がかかります。)

05 施術

麻酔が効いた後、埋没法にてたるんだ皮膚を持ち上げます。施術時間は約20分程度です。また、切開法の場合は約1時間程度です。

06 経過観察

翌日より、メイクや入浴等可能になりますが、腫れや痛みが数日続きますので、ご自分で患部の経過をしっかりご確認ください。施術後の経過で気になることがございましたら、クリニックまでご連絡下さい。 埋没法の場合は当日の施術のみで、その後の治療はございません。切開法の場合は時3日に治療(抜糸)がございます。

施術料金

上まぶたたるみ取り法(埋没法) ¥200,000
上まぶたたるみ取り法(切開法) ¥300,000

※カウンセリング料:無料
※別途、諸費用(麻酔・お薬・消耗品代)がかかります。
※料金は税抜表示となります。
※二重埋没法等、施術によって保志名院長指名料が掛かります。
※他院の修正の場合や患者様の状態によって料金が上記と異なる場合があります。


料金について・お支払い方法

当クリニックでは、お客様ひとりひとりに最適な施術を適正な料金にて行っております。お客様の都合に合わせてローンや各種クレジットカード、割引システムもご利用いただけます。顔や身体の各部の悩みなどについて電話でのご相談、カウンセリングを行っておりますのでお気軽にご相談ください

ご利用いただけるクレジットカード

VISA・Master・JCB・AMEX・DC・UC・銀聯

医療クレジットによる分割払い

オリコ・アプラス

ドクターズボイス

院長 保志名 勝

ボトックスやヒアルロン酸で効果が得られない方におすすめです。余分な皮膚のタルミに効果的です。一重の方でも、あるいはどんなに二重がきれいな方でも上まぶたの皮膚は老化することは避けられないので、早い人は20代後半から少しずつ皮膚はたるんできます。二重の老化が最初に現れるのは二重の外側(目尻寄り)が下がって被さってきます。その後、徐々に二重の中央部も下がってきます。

二重というのは、中央から外側が下がって狭くなってくると、それだけで老けて見えるようになります。目元というのは、とても大切なのです。逆を言えば軽度の二重の被りであれば、中央~外側を埋没法、あるいは皮膚を切開して若さを取り戻すことが出来ます。

中高年になってかなり皮膚が垂れてきた場合、視野も確保され、再び若い時の二重のようになります。上まぶたの皮膚が下垂してくること以外に挙筋(上まぶたを開ける筋肉)が加齢等によって弱くなって目の開きも悪く下垂していることもあります。その場合は、二重と同時に挙筋短縮(上まぶたの開きをよくする)手術を同時に行うと目力もついて若々しくなります。

院長 保志名 勝

日本美容外科学会より認定された「美容外科認定指導医」

【経歴】
1982年 慶応義塾大学医学部卒業
1982年~2001年 十仁病院副院長
2001年~現在 ノエル銀座クリニック院長

【備考】
日本美容外科学会 理事長
日本先進医療医師会 理事
日本美容外科医師会 顧問
日本美容外科学会 認定指導医
日本美容外科学会 専門医
国際美容外科学会 会員

ノエル銀座クリニック|上まぶたたるみ取りの施術をご覧の皆様へ

このページは、上まぶたたるみ取り法手術のご案内ページです。
上まぶたたるみ取り法には、埋没法と切開法があります。埋没法は医療用の髪の毛よりも細い糸でまぶたを3箇所以上留め、切らずにたるんだ皮膚を持ち上げます。切開法は二重のラインに沿って切開し、余分な皮膚を取り除き、ゆるんだ筋肉を調整します。

ノエル銀座クリニックの上まぶたたるみ取り法は、医師とのカウンセリング後、患者様にとって最適な方法でたるみを取ることにより、若々しく見えるようにすることが可能です。

ノエル銀座クリニックの美容整形は、総合的な施術をお客様にご提案する「美のかかりつけ医」として信念を持って患者様に施術を提供しております。
是非一度カウンセリングにお越しください。

・関連リンク

目元・二重メニュー一覧

オートクチュール二重埋没法【平行型・末広型】

上まぶたたるみ取り法について。美容外科,美容皮膚科をお探しならノエル銀座クリニックへ! ノエル銀座クリニックは銀座マロニエ通りの美容整形外科クリニックです。

診察のご予約・ご相談はこちら

携帯電話はタップですぐお電話につながります [診察時間]10:00〜19:00 /月曜休診

ノエル銀座クリニック中国語サイト

〒104-0061
東京都中央区銀座2‐5‐14 銀座マロニエビル7F

診療時間:10:00~19:00
月曜休診【完全予約制】

ご予約・ご相談:0120-008-406

日本美容外科医師会認定 適正医療機関
登録番号:2017-1219

  • 友だち追加
  • facebook
  • instagram