ノエル銀座クリニック中国語サイト
select language
  • HOME
  • 診療内容
  • 料金
  • 医師の紹介
  • よくある質問
  • アクセス

Dr.川島のスキンケアコラム

ブルーライトによる皮膚障害

2019/04/23

スマホのブルーライトの睡眠に与える影響が問題になっていますが、皮膚に対する影響についても少しずつ研究結果が報告されてきました。その一つに、皮膚にブルーライトを照射すると、皮膚内のカロテノイドが減少することがわかってきたのです。

カロテノイドはトマト、ニンジン、バナナなどの色のもとになりますが、皮膚において重要な働きをするビタミンAに変化する前段階の物質で、また抗酸化作用もあります。ということは、私たちの皮膚において、太陽光線により産生された活性酸素を除去し、しみ、しわ、たるみなどの光老化を防いでくれる役割を持っています

スマホはなくてはならない存在ですが、そのカロテノイドがブルーライトにより減少してしまい、光老化のリスクを高めてしまう可能性があるということです。長時間にわたり使用するのは美容上の問題あり、ということは念頭に置いておく必要がありそうですね。

診察のご予約・ご相談はこちら

携帯電話はタップですぐお電話につながります [診察時間]10:00〜19:00 /月曜休診

ノエル銀座クリニック中国語サイト

〒104-0061
東京都中央区銀座2‐5‐14 銀座マロニエビル7F

診療時間:10:00~19:00
月曜休診【完全予約制】

ご予約・ご相談:0120-008-406

日本美容外科医師会認定 適正医療機関
登録番号:2017-1219