ノエル銀座クリニック中国語サイト
select language
  • HOME
  • 診療内容
  • 料金
  • 医師の紹介
  • よくある質問
  • アクセス

一口にシミと言っても、その原因・種類は様々です。通常は複数の種類のシミが混在していることが多いですから、専門医がシミの種類を的確に判断し、複数のシミにアプローチしながら、最終的に透明感のある美しい肌へ導くことが必要になります。
当院では、フォトフェイシャル治療、レーザー治療、外用剤、内服薬を揃え、患者様にご満足いただける治療をご提案します。

しみ発生のメカニズム

シミの原因となるメラニンについて

通常生きた細胞は紫外線にさらされると細胞の中にあるDNAの核が破壊されて死滅したり、癌化したりしてしまいます。
それを防ぐために表皮にあるメラニン形成細胞からメラニンが生成され、そのメラニンを表皮の角化細胞に供給することで皮膚表面にバリアゾーンをつくり皮膚の中に紫外線が入ってこないようにブロックしています。メラニン色素は紫外線から私たちの体を守る働きをしています。

メラニンのはたらき

紫外線が皮膚にあたると表皮からメラニン形成細胞に危険が知らされメラニンの生成が始まります。
メラニンは生成される過程で紫外線により発生した活性酸素を取り込み、無害化します。そして受ける紫外線量の減少に伴って、メラニン形成細胞からメラニンの生成は減少していきます。メラニンを多く含んだ表皮の細胞は肌のターンオーバーによって表皮から角質へと押し上げられ最後にはアカとして皮膚から排泄されます。 こうしてメラニンにより色素のついた皮膚はまた元の肌色にもどっていきます。

シミができてしまう理由

通常であれば生成されたメラニン色素はターンオーバーにより外に排出されますが、長年にわたる紫外線のダメージによって皮膚がうまくメラニンを外に出せなくなりメラニンが皮膚の中に蓄積してしまうことがあります。これがシミと言われるものです。
また遺伝的素因やストレス、ホルモンバランスの乱れなど内因的な理由でもシミは発生することがあります。 こうしてメラニンにより色素のついた皮膚はまた元の肌色にもどっていきます。

しみの種類と原因

(1)老人性色素斑

紫外線が原因でおこるシミです。メラニンがうまく排出できなかったことにより発生します。最初は薄い茶褐色ですが、年齢とともに徐々に濃くなっていきます。ほほやこめかみ、手の甲など日によくあたるところにできます。 レーザー治療の反応がよく、適切な処置をすれば再発することもないため、比較的治療しやすいシミといえます。

(2)そばかす(雀卵斑(じゃくらんはん))

10代初旬から半ばころより両頬から鼻にかけてうすい茶色の小さな色素斑が細かくいっぱいでてきます。遺伝的な傾向があり、白色人種に多くみられます。
レーザー治療やフォトフェイシャル治療で色素はとれますが、しばらくするとまたでてくることがあります。

(3)肝斑

両頬の突出部やおでこにのっぺりとした濃淡の均一なシミが左右対称にできます。30~40代の女性によく見られ、妊娠により悪化し閉経後には自然に消失することから女性ホルモンが原因と考えられます。強いレーザー治療は肝斑をかえって悪化させてしまうため、当院ではQスイッチYAGレーザー(レブライトSI)による治療を行っています

(4)ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

遅発性両側性太田母斑ともよばれ、生まれつきある両頬のアザが成人になってから徐々に色素を産生することで出現します。厳密にはシミではなく、ホクロやアザの一種です。紫がかった2mm程度の小さな色素斑が頬やこめかみに対称性に出現します。
このシミは他のシミと違い、表皮の下にある真皮層という主に皮膚のコラーゲン繊維がある層に存在しており、強力なレーザー照射を複数回行う必要があります。

(5)色素沈着症

ニキビやアトピー性皮膚炎など皮膚内に炎症が起こるとそこに活性酸素が発生します。この活性酸素を除去するために紫外線のときと同じようにメラニン色素が生成されます。炎症が治まれば時間の経過とともにメラニンは消失しますが、炎症の程度が強いと生成されるメラニンが多くなり、うまく排出されず色素沈着となって皮膚内に残ってしまうことがあります。

治療方法

(1)老人性色素斑

施術名称 内容
QスイッチYAGレーザー
(波長 532nm)

>> 詳細はこちら

QスイッチYAGレーザーは、レーザーの光エネルギーが特定の色素に反応し吸収される性質を利用して、瞬間的に高いパワーのレーザー光をしみに照射することで、しみを除去します。
施術回数は当該部位について1回で済みます。

(2)そばかす

施術名称 内容
フォトフェイシャル
(ウルティマSOL pigモード)

>> 詳細はこちら

フォトフェイシャルとは、IPL(インテルス・パルス・ライト)と呼ばれる特殊な光を皮膚に照射することで肌トラブルを解決するスキンケアをいいます。特に沈着してしまったメラニン色素に反応するため、しみ・そばかすの治療に有効です。
QスイッチYAGレーザー
(波長 532nm)

>> 詳細はこちら

QスイッチYAGレーザーは、レーザーの光エネルギーが特定の色素に反応し吸収される性質を利用して、瞬間的に高いパワーのレーザー光をしみに照射することで、しみを除去します。
施術回数は当該部位について1回で済みます。

(3)肝班

施術名称 内容
レーザートーニング 肝斑の治療方法、QスイッチYAGレーザーによるレーザートーニングは、こちらのページをご覧ください。

(4)ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

施術名称 内容
QスイッチYAGレーザー
(波長 1064nm)

>> 詳細はこちら

QスイッチYAGレーザーは、レーザーの光エネルギーが特定の色素に反応し吸収される性質を利用して、瞬間的に高いパワーのレーザー光をしみに照射することで、しみを除去します。
施術回数は当該部位について複数回必要です。

(5)色素沈着症

施術名称 内容
エレクトロポレーション

>> 詳細はこちら

エレクトロポレーションとは、パルス電流の力で、角質層に一時的に小さな孔(電子孔)をあけて物質の通り道を作る技術のことです。
これにより美白効果が期待できるビタミンC(新しい水溶性ビタミンC誘導体「アプレシエ」(APPS))を、肌の奥深くまで浸透させます。

上記治療のほか、以下の外用薬、内服薬を患者様の症状にあわせて処方します。

外用薬

名称 内容
ハイドロキノン 肌の漂白剤とも例えられる、強力な美白剤です。シミの原因であるメラニン色素の生成を抑制します。
一般的な美白剤と違い、予防的効果だけではなく既に生じているシミを目立たなくする働きがあります。
シミ治療やレーザー後の色素沈着の予防に大変有用ですが、使用法を誤ると白斑といわれる、肌の一部分が白くぬけてしまう現象や、長期間の使用により紫外線に対する防御が働かなくなるおそれもあるため、医師による診察や説明が必要です。
当院ではロート製薬株式会社が販売している、DRX HQダブルライトE(クリームタイプ)、DRX HQブライトニング(ローションタイプ)を取り揃えております。
トレチノイン トレチノインはビタミンAの誘導体であり、ビタミンAは皮膚の細胞分裂を促進し、ターンオーバーを促します。また活性酸素を抑える働きがあります。
トレチノインはビタミンAの50~300倍の生理活性があり、強力なターンオーバー作用により表皮内にあるメラニン色素を皮膚の外へ排出します。
ハイドロキノンと併用することにより強力な美白作用を発揮しますが、トレチノインは皮膚の刺激が強く、乾燥やヒリヒリ感が続くことがあるため医師の診察や説明が必要です。
また妊婦の方は、ビタミンAは細胞の分裂に関係しており、過剰摂取により胎児の体に影響を与えるおそれがあるため使用できません。
トレチノインは現在、日本国内での販売許可が下りていないため、当院では米国より信頼あるメーカーのものを輸入しております。

内服薬

名称 内容
ビタミンC 言わずと知れた、美白のビタミンです。皮膚のコラーゲンをつくり肌の状態の維持に不可欠であり、また強い抗酸化作用を持ちメラニンの生成を抑える働きがあります。
トラネキサム酸
(トランサミン)
体内の炎症を抑える働きがあり、肝斑など炎症によってメラニンが生成されるシミに効果が認められます。
肝斑は女性ホルモンのバランスが乱れることでプラスミンという情報伝達物質が分泌されメラニン生成を活性化させてしまうことが原因だといわれています。
トラネキサム酸はメラニン形成の活性化の原因となる情報伝達物質のプラスミンの働きを抑えます。
L-システイン L-システインは皮膚の代謝の亢進に関係し、メラニン色素の生成を抑えるだけでなく、皮膚の外へ排出する働きがあります。
既にできてしまったメラニンが濃くならないように防ぎ、色が目立たなくなるように代謝を促進します。また古くなった角質をはがします。

施術の詳細

QスイッチYAGレーザー(レブライトSI・メドライトC6)

内容

境界が明瞭な大きな老人性色素斑の治療では、メラニンへの吸収が高く、表皮の色素を効率良く加熱・破壊させることができる532nmの波長を用います。

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)の治療では、真皮の病変部に光を到達させるために輝度の高い光を用いる必要があります。QスイッチYAGレーザーは、深部侵達性の高い1064nmの波長に加え、Qスイッチの採用により極めて高いピークパワーを得られるため、深部疾患の病変部にも十分に必要なエネルギーを与えることができます。

(※Qスイッチとは、ポッケルスセルという超高速な電子的シャッター機構を装備することにより、ナノ秒単位の超短パルスで瞬時に非常に高いピークパワーのレーザー光を発振させる技術です。)

機器の特徴

当院が採用しているQスイッチYAGレーザー、「レブライトSI」「メドライトC6」を製造する米国ConBio社は、1991年の会社設立以来25年以上にわたり医療用レーザーを市場に送り出し続ける、業界屈指の歴史と実績を誇るレーザーメーカーです。
ConBio社のQスイッチYAGレーザーは、皮膚科レーザー治療の世界に革新をもたらし、色素性皮膚疾患および刺青治療におけるゴールドスタンダードとして広く世界に浸透しています。
QスイッチYAGレーザー「レブライトSI」「メドライトC6」は、ConBio社の技術の粋を集めて設計された、高い信頼性と幅広い治療をカバーするレーザーとして、グローバルな市場で認知されています。

施術の流れ

(1)洗顔
(2)照射
(3)冷却

施術時間

20分

※レブライトSIはメドライトC6の上位機種です。
詳しくはこちらから

エレクトロポレーション(ケアシス)

内容

老人性色素斑(しみ)を改善するために、 ビタミンCをエレクトロポレーション(ケアシス)を使用して導入します。

エレクトロポレーションとは、パルス電流の力で、角質層に一時的に小さな孔(電子孔)をあけて物質の通り道を作る技術のことです。これにより肌に必要な成分(コラーゲン等)を肌の奥深くまで浸透させることが可能です。

近年では、遺伝子工学の分野においても単にエレクトロポレーションをするよりも冷却しながらエレクトロポレーションをかける方が高効率であることが発表されています。

当院で導入している最新機器『CARESYS(ケアシス)』は、冷却/温熱処理が可能な機械でエレクトロポレーションのみと比べ、より一層高い効率で薬剤の有効成分を浸透させることができます。

ビタミンC(※)
シミ・くすみ・にきび・黒ずみ・毛穴開大・脂性肌を改善します。また真皮内でのコラーゲン産生に欠かせない成分です。

※当院で使用するビタミンCは、壊れやすいビタミンCを安定させるためにリン酸エステルとパルミチン酸をつけた新しい水溶性ビタミンC誘導体「アプレシエ(APPS)」です。肌内部に浸透した後にビタミンCに変換されます。
APPSは、従来のビタミンC誘導体に比べ、皮膚浸透性、ビタミンCへの変換率に優れています。

施術の流れ

(1)洗顔
(2)ビタミンCをパルス電流により浸透させる

施術時間

20分

よくあるご質問

【回答】
医局長 厚田 幸子

1回できれいに取れますか?

シミの種類により異なりますが、基本的には1回の照射で1週間後には、きれいに取れてしまいます。シミが取れた跡は若干赤みが出ますが、メイクで十分に隠せます。

しみ治療は、1回で終了しますか?

老人性色素斑ならば、ほぼ一回の治療で終了します。
ただし、肝斑やADMでは複数回の治療が必要です。

しみ治療に痛みはありますか?

通常は冷却のみで、お痛みはかなり緩和します。
ご心配な方は麻酔薬のテープをお貼りして、30分ほど時間をおくとほぼ痛みは感じなくなります。

しみを取った跡は残りますか?

傷痕などは残りません。ただし、レーザー照射後に一時的に色素沈着を起こすことがありますが、
半年ほどで通常消失します。

治療後に気を付けることは?

採取部位に「カニューレ」と呼ばれる細長い吸引管を挿入、脂肪を吸引していきます。
また美白剤を処方することがあります。


・関連リンク

肝斑(かんぱん)治療

毛穴治療

くすみ

スキンケアコラム:「光老化」ってご存知ですか?

スキンケアコラム:シミのでき方

しみ治療について。美容外科,美容皮膚科をお探しならノエル銀座クリニックへ!
ノエル銀座クリニックは銀座マロニエ通りの美容整形外科クリニックです。

診察のご予約・ご相談はこちら

携帯電話はタップですぐお電話につながります [診察時間]10:00〜19:00 /月曜休診

ノエル銀座クリニック中国語サイト

〒104-0061
東京都中央区銀座2‐5‐14 銀座マロニエビル7F

診療時間:10:00~19:00
月曜休診【完全予約制】

ご予約・ご相談:0120-008-406

日本美容外科医師会認定 適正医療機関
登録番号:2017-1219