ノエル銀座クリニック中国語サイト
select language
  • HOME
  • 診療内容
  • 料金
  • 医師の紹介
  • よくある質問
  • アクセス

Dr.川島のスキンケアコラム

化粧品が糖尿病を改善する?

2019/06/20

肌の乾燥状態が続くと、バリア機能が低下して皮膚での炎症が慢性化し、それが血液中の炎症を起こす物質であるサイトカインの上昇をもたらすこと、そしてそれが全身の臓器の慢性炎症につながる可能性があると、マウスの実験を通してサンフランシスコの研究グループが明らかにしています。

また、生活習慣病である心血管疾患や糖尿病などは、慢性炎症が原因とも言われていますが、バリア機能を改善するワセリンなどを続けて塗っていると、皮膚および血液中の炎症を起こす物質であるサイトカインが低下することも報告されました。

ということは、保湿効果の高い化粧品を使ってスキンケアを続けていくと、皮膚および全身の慢性炎症が軽減して、生活習慣病の改善につながるかもしれない、ということになります。化粧品で糖尿病が良くなった、などという夢みたいな話が実証されるかもしれませんね。

診察のご予約・ご相談はこちら

携帯電話はタップですぐお電話につながります [診察時間]10:00〜19:00 /月曜休診

ノエル銀座クリニック中国語サイト

〒104-0061
東京都中央区銀座2‐5‐14 銀座マロニエビル7F

診療時間:10:00~19:00
月曜休診【完全予約制】

ご予約・ご相談:0120-008-406

日本美容外科医師会認定 適正医療機関
登録番号:2017-1219