ノエル銀座クリニック中国語サイト
select language
  • HOME
  • 診療内容
  • 料金
  • 医師の紹介
  • よくある質問
  • アクセス

Dr.川島のスキンケアコラム

美白化粧品は人種差別?

2020/08/25

今年米国で白人警察官による黒人容疑者殺害事件があり、人種差別問題に再び火が付いた状況になっています。その中で、米国の化粧品メーカーが美白を目的とする化粧品の製造販売を中止する事態になってしまったことがニュースになりました。

美白(whitening)という表現や、「白い肌が美しい」ということを理想とするかのような表現は、多様な肌の色を否定するものであり、好ましくないからという理由からです。日本でもクレヨンの肌色という呼び方もいつの頃からかなくなっているのですが、これも肌の色は多様であり、一つに限ることは差別的という理由からだそうです。

人はなぜ美白に惹かれるのでしょうか。有色人種は何も白人になりたい訳ではないと思うのです。ただ、肌色の中に現れてきた黒、茶色のシミを無くしたい為だと思います。肌の色は何色であれ、肌の色むらを無くし均一な肌色を目指すために、美白化粧品を使うのではないでしょうか。

色むらのない肌色が美しいのであって、元の肌色は多様であって構わないはずです。その意味では、美白化粧品ではなくモノトーン化粧品、モノカラ―化粧品と呼ぶのはどうか?と考えてしまいますね。

診察のご予約・ご相談はこちら

携帯電話はタップですぐお電話につながります [診察時間]10:00〜19:00 /月曜休診

ノエル銀座クリニック中国語サイト

〒104-0061
東京都中央区銀座2‐5‐14 銀座マロニエビル7F

診療時間:10:00~19:00
月曜休診【完全予約制】

ご予約・ご相談:0120-008-406

日本美容外科医師会認定 適正医療機関
登録番号:2017-1219

  • 友だち追加
  • facebook
  • instagram