ノエル銀座クリニック中国語サイト
select language
  • HOME
  • 診療内容
  • 料金
  • 医師の紹介
  • よくある質問
  • アクセス

Dr.川島のスキンケアコラム

ビタミンDの役割

2022/09/21

ビタミンDは紫外線の力を借りて、皮膚においてコレステロールから産生されるビタミンです。最も大事な作用としては、腸からのカルシウム・リンの吸収を促進させることにより、コラーゲンなどのタンパク質の上に、リン酸カルシウムが沈着してできる骨の形成に役立つことです。そのほかにも、筋力維持にも働くことが知られており、ビタミンDが不足すると骨も筋肉も弱ってしまい、転倒から骨折のリスクが高まることになります。また最近言われているのは、ビタミンDの血液中の濃度が高い人では、新型コロナウイルス感染症の感染リスクが低下すること、仮に感染しても重症化しないということです。つまり、免疫機能にもビタミンDは働いているわけです。ところが、日本人のビタミンD不足者の割合は非常に高いことが知られています。なんと男性で70%、女性では90%近くに上っているそうです。とはいえ、紫外線を浴びることは光老化のリスクが増すことになります。光老化をきたさずにビタミンD不足に陥らないための方策は次のコラムでお話しします。
顧問医師 川島 眞

顧問医師 川島 眞

東京女子医科大学 名誉教授
東京薬科大学 客員教授
一般社団法人ウェルエイジング 総院長
特定非営利活動法人皮膚の健康研究機構 副理事長

当サイトは医療広告ガイドラインを遵守し、
医師監修のもと情報を掲載しています。

ノエル銀座クリニック院長保志名勝は、日本美容外科学会理事長を歴任した立場から、美容医療業界全体の信頼性を高めることに努めております。

2018年6月に厚生労働省により改正・施行された「医療広告ガイドライン」に則り、サイト内の症例写真に施術内容、リスク・副作用、費用などを記載し、それまで掲載していた体験談は全て削除いたしました。厚生労働省が定める「医療若しくは歯科医業又は病院もしくは診療所に関する広告等に関する指針」をもとに、患者様へ正確な情報をお伝えすることを目的とし、当サイトの運用をしております。

>> 医師紹介はこちら

診察のご予約・ご相談はこちら

携帯電話はタップですぐお電話につながります [診察時間]10:00〜19:00 /月曜休診

ノエル銀座クリニック中国語サイト

〒104-0061
東京都中央区銀座2‐5‐14 銀座マロニエビル7F

診療時間:10:00~19:00
月曜休診【完全予約制】

ご予約・ご相談:0120-008-406

日本美容外科医師会認定 適正医療機関
登録番号:2017-1219

  • 友だち追加
  • facebook
  • instagram